ひたすら古墳を愛でる展【10/2(土)~11/14(日)】

ひたすら古墳と文化財を愛でる44日間

かわいい埴輪を見た時、かわった形の古墳に出逢った時、思ったことはありませんか?「グッズがあったらいいのになぁ」って。

全力で「グッズがあったらいいのになぁ」「グッズをつくろう!」と活動している方がいます。ひたすら古墳を愛でる会社の宮野弓絵さんです。

ひたすら古墳を愛でる会社

古墳がひたすら好きだという気持ちを発信するだけではなく、古墳から出土した埴輪や土器などの文化財、遺跡そのものをモチーフにした革製品を製作している。

調査報告書などの資料を取り寄せ、図面と格闘しながら製作される文化財グッズは全てといっていいほどマニアックの極み。全国の考古ファンを魅了し続けているのです。皆さんに実際に見ていただきたいということで、個展開催の運びとなりました。

個展開催場所は、博物館?!

後光がさしています…中津歴史博物館さん!

開催場所として声をかけてくださったのは、なんと博物館。
大分県中津市の中津市歴史博物館さんです!
2021年1月から同館で開催されていた「発掘された日本列島2020」で出張古代フェスinなかはくの古代作家として参加したひたすら古墳を愛でる会社さんの活動を以前から注視されていたそうです。

協力館ぞくぞく!

ひたすら古墳を愛でる会社さんがこだわり抜いて製作した(マニアックな)作品を、実物と一緒に並べたいという壮大な企画が始動しました。

中津市歴史博物館さんの人形土偶や人面形土製品と作品を並べて展示することが決定し、その後協力館が増えていきました。

岩戸山歴史文化交流館

入口に立つ筑紫君磐井が応援してくださっているようです。

福岡県八女市にある岩戸山歴史文化交流館といえば、埴輪を石で表現した石製表飾品(石人・石馬など)ですね。

岩戸山古墳の別区から出土したとされる石人さんが、中津にやってきます!
鱧、食べられるといいですね。

福岡市埋蔵文化財センター

展示室も備える、開かれた埋蔵文化財センター!

2021年8月に刊行された「かわいい古代」譽田 亜紀子著の表紙に登場したリーゼント先輩(拝塚古墳出土 人物埴輪)で有名な福岡市埋蔵文化財センターからも、あの子が中津に飛び立ちます!!

職員さんたちから「があこ」という愛称で呼ばれる水鳥形埴輪(丸隈山古墳出土)です。中津に行っても、唐揚げにならないように守ります!!!

トークショー・展示室ツアーも開催決定!

10/16(土)14:00~ トークショー
中津×歴史×ものづくりトーク~ひたすら中津を愛したい~

10/17(日)14:00~ 
なかはくグッズ企画部×こだわり見学ツアー

要予約ですが、予約開始は10/1から。予定を開けて、続報をお待ちください。

なかはくコダイマーケット同時開催中です。

なかはく推し!をテーマに古代フェス作家さんたちによるグッズが所せましと並んでいます。ひたすら古墳を愛でる展期間中の限定グッズも登場する予定です。

イベント概要

ひたすら古墳を愛でる展【入場無料】
日時:2021年10/2(土)~11/14(日)
   9:00~17:00(入館は16:30まで)
   月曜日休館
場所:中津市歴史博物館
大分県中津市1290番地(三ノ丁)
駐車場:22台

【DL】ポスター用データはこちら

A6サイズのチラシを絶賛配布中です。ありがたいことに「ポスターがあったら貼りますよ」というお申し出をいただきます。

がちゃん
がちゃん

しまった。ポスター制作していなかった!

いつかポスターも作りたいとは思っているのですが、印刷費と発送費が嵩むため、小さく持ち歩きやすいチラシに情報を詰め込んで、できるだけ沢山の方に届くように配布していく方法をとっています。

A1サイズまで印刷可能なデータを、イラストレーター白川千佳さんに作っていただきました。「印刷して貼ってあげる!」という神のために、データをそっと置いておきます。「貼ったよ」という神からの声もお待ちしています。

※イベント開催中の期間限定公開となります。ご了承ください。